INTER SCHOOL

国際人になれる
6つの理由

【理由1】
語学習得への厳しい姿勢∼
「学問に王道無し」∼

業界では有名なくらい厳しい授業です。何故?「学問に王道無し」だから。ビジネス現場で実際に通用する語学力は楽な学習法では身につかないのです。インタースクールには「語学学習を目標地点に到達するまで着実に続けてほしい」という思いから生まれた厳しさがあります。
「授業が厳しいと聞いた。だからインタースクールを選んだ」と、多くの受講生から聞きます。甘えたら語学力は身につきません。また、挫折するだけです。「使える語学力を絶対に身につける」という意思を持続させるための、あなたを甘やかさない環境がここにはあります。
「読む」「聞く」「書く」「話す」という総合的な訓練を高いプレッシャーとモチベーションを維持できる場で一定期間行うこと、これこそが使える語学力を習得するための一番の近道ではないでしょうか。


【理由2】
語学のプロとしての豊富な経験

インタースクールには語学のプロ養成機関として40年以上培ってきたノウハウがあります。たとえば、現在ではどこの語学学校でも学習方法として定着している「シャドーイング」。当時は「フォローイング」と呼んでいましたが、インタースクールが同時通訳者を養成する訓練方法として、いち早く授業に取り入れたものです。このようにインタースクールが独自に開発した通訳訓練法を取り入れた学習法と教材で、高度な語学力を確実に身につけていただきます。


【理由3】
第一線で活躍する講師陣による授業

語学を習うのはネイティブだったら誰でもいい、ということはありません。英語を母国語とする国の人なら子どもだって英語を話すのです。かといって、子どもにビジネス英語が話せるわけはありません。使える語学はビジネス現場できちんと仕事をした経験のある人に習わないと意味がありません。インタースクールでは国際会議の通訳や翻訳業務に携わり、現場を知り尽くしている日本人講師、また教授経験豊かなネイティブ講師が授業を担当します。


【理由4】
充実のコース内容
∼ご自分の実力、
ニーズに合わせて選べる∼

「プロ通訳者・翻訳者養成コース」「総合力向上を目指す方を対象とするコース」などレベル設定のきめ細やかさと実践的な段階別カリキュラムもインタースクールの特長です。


【理由5】
すぐれた教材
∼ご自分の実力、
ニーズに合わせて選べる∼

インタースクールでは各コースに最適の教材を我々の培ってきたノウハウを注ぎ込み、総力を挙げて作成しています。ビジネスや経済、社会・環境問題などタイムリーな話題を中心とした、インターグループの通訳・翻訳・国際会議部門で実際に担当した仕事の資料やニュース、インタビュー、論文等をテキストに使います。このすぐれた教材を使うことにより幅広い背景知識を無理なく身につけていただけます。リアルタイムで開催された国際会議の音源を教材として使用する授業もあります。


【理由6】
充実のサポートシステム

受講生に学習モチベーションを維持していただけるよう、学習とキャリア目標のガイダンスを随時提供しております。また語学を活かした仕事を希望される方に、インターグループ人材部において無料キャリアカウンセリングを行っています。ひとりひとりが想い描く「未来のキャリアプラン」を見据えたアドバイスをさせていただきます。