INTER SCHOOL

講師紹介

平井聖一

東京校
プロ選抜科、プロ準備科、会議通訳、IR通訳コース講師
多くの受講生、卒業生の皆さんと通訳現場を共有してきました

メッセージ

【現在担当しているクラス】
インタースクール会議通訳コース・チーフコーディネーターとして、会議通訳コース、ビジネス通訳コースの主・副教材作成、訓練カリキュラム編成等を担当しています。東京校プロ選抜科・プロ準備科、会議通訳コース本科Ⅰ~Ⅲ、大阪校通訳ワークショップで講師を務めています。
【これから受講する方へメッセージ】
インタースクールから優秀なプロ通訳者を輩出することが私に課せられた任務です。私は、スクール受講生、卒業生の皆さんとインターグループ会議通訳者としてペアを組み、稼動することを自らの信条としています。これまで多くの受講生、卒業生の皆さんと通訳現場を共有してきました。
インタースクールは私にとって、“授業で育て、現場で鍛える”インターメソッドを実践する場所です。皆さんの挑戦をお待ちしています。


辻信子

東京校
会議通訳コース講師
2020年の東京オリンピックに向けて通訳者の需要が高まる

メッセージ

【現在担当しているクラス】
官公庁クラス、本科Ⅳを担当しています。 いずれも受講生の皆様は現役で通訳として活躍していたり、プロデビュー一歩手前だったりという方たちなので、自分の通訳者としての経験を活かしてなるべく実践的な授業を行うよう心がけています。
【これから受講する方へメッセージ】
日本で開催される国際的なイベント、2020年の東京オリンピックに向けて通訳者の需要が高まっていくであろうということは予想されます。それ以上に近年世界はますます英語を中心につながってきています。その中で通訳者の活躍する場面はますます増えています。通訳という仕事は毎日が勉強で、決して楽なものではありませんが、政治、経済、外交、ビジネス等々、さまざまな場面で自分もその一部を担っている、という達成感は何物にも代えられません。どんなにITが進歩しても、人間の高度な言語能力はそう簡単に置き換えられません。まず、一歩踏み出してみませんか?きっと新しい世界が皆様の前に広がっていくことと思います。


押田泉

東京校
社内通訳者養成コース、会議通訳コース講師
お一人お一人が「今よりも一段階上の自分」を実現する 、お手伝いをさせてください。

メッセージ

【社内通訳者養成コースの紹介】
社内通訳を極めるスペシャリスト養成コースです。2016年10月期は自動車、保険というように、1ターム2業界に特化した教材を逐次や同時で通訳しながら、毎回小テストで専門用語の確認を行います。担当講師が書面でパフォーマンスに関する細かいフィードバックを提供し、人材派遣部やネイティブ講師も授業に参加することで、多面的な能力改善を行い、個人の進捗に合ったお仕事紹介に繋げていきます。
【これから受講する方へメッセージ】
昨今、社内通訳者がフリーランス通訳への登竜門という位置づけを超えて、経営会議はじめ業界・社内事情に精通した通訳者にしか訳せない会議に投入されることが増えてきています。本コースでは、現在通訳専任のポジションを目標にしている方から、通訳プールで稼働を始めたい方まで、個々人に合わせた指導を行なっています。


谷川佳瑛子

大阪校
英語専攻、通訳翻訳、ビジネス通訳コース講師
独学で伸び悩みを感じていらっしゃる方はぜひインタースクールの授業に

メッセージ

インタースクールの特徴は、リスニング・リーディング(インプット)において「大体こんな内容の話をしている。」という曖昧な理解ではなく、細部まで聞き取り、読み取れて、それをスピーキング・ライティング(アウトプット)に活かす力をつけられることです。
基礎から学びたい方のためのクラスでは、一段上の英語力を目指して語彙・文法・構文力を強化できる授業を行っています。独学とは違い宿題があるので学習を継続できますし、目標を持って頑張っているクラスメートの存在が励みになります。メリハリの効いた楽しい授業を心がけていますので、独学で伸び悩みを感じていらっしゃる方はぜひインタースクールの授業にご参加ください。


川口仁

東京校
翻訳コース講師
「プロとして私に足りないものは?」「フリーランスとして仕事を始めるにはどうしたらいいの?」といった不安を払拭します

メッセージ

【現在担当しているクラス】
英日本科の授業では、「文章力」「読解力」「調査力」に重点を置いて、記事、レポート、広告からテクニカルな文章までさまざまな内容の課題を翻訳しながら、各受講生の長所や改善点を見つけていきます。課題のポイントとなる箇所をどう訳したらいいのか話し合い、課題の翻訳を互いに参照し合いながら受講生同士が切磋琢磨できるようにします。また、フリーランスとして食べていくためのコツも積極的に伝授するつもりです。
【これから受講する方へメッセージ】
本科は「プロの出発点」となるコースです。「プロとして私に足りないものは?」「フリーランスとして仕事を始めるにはどうしたらいいの?」といった不安を払拭し、皆さんをプロとして送り出すためのコースです。私の授業では、皆さんの実力がプロの基準に達しているか、何が足りないのか、といった翻訳自体のスキル向上から、フリーランスとして仕事をしていくためのノウハウまでカバーします。プロへの一歩をここから踏み出してください。


森山美幸

大阪校
中国語通訳コース、医療通訳コース<中国語>講師
中国語を学ぶ立場や目的はそれぞれ違っても、上達したいという思いは皆さん同じです

メッセージ

私自身、インタースクールの元受講生であり、中国語のスキルアップはもちろんのこと、日本語の正しい使い方や背景知識、通訳者としてのマナーなど様々なことを学びました。今は、講師として受講生時代に学んだ知識を授業に活かし、通訳の現場で柔軟に対応できる力を受講生の皆さんに身につけて頂けるよう取り組んでいます。また学ぶことの楽しさを感じてもらえるような授業を心掛けています。中国語を学ぶ立場や目的はそれぞれ違っても、上達したいという思いは皆さん同じです。そんな仲間たちと一緒にインタースクールで学んでみませんか?


申樹浩

東京校
韓国語通訳コース講師
段階的な訓練を重ねることで自身の適正分野を知ることができるのです

メッセージ

基礎科(Ⅰ)では翻訳に重点を置き、基礎科(Ⅱ)では音声訓練も導入して基礎力を鍛えます。近年、韓国語通訳翻訳市場は会議通訳、社内通訳、医療通訳、法廷通訳、IR、映像翻訳、技術翻訳など裾野を広げています。また情報技術の発展により背景知識のリサーチも容易になりました。インタースクールでは通訳言語としての日本語・韓国語を見直し、リサーチ力を養うことから始めます。段階的な訓練を重ねることで自身の適正分野を知ることができるのです。継続こそ力です。