INTER SCHOOL

講師・受講生

医療スタッフの一員として外国人患者と
医師の「命」をつなぐ通訳者

りんくう総合医療センター
市立泉佐野病院
監修伊藤 守 理事

医療通訳には病院のスタッフの一員として通訳を行う「医療スタッフ型」、患者と病院へ随行して通訳を行なう「同行型」があります。インタースクールの医療通訳コースが目指すのは医療スタッフ型です。
医学的な専門知識だけではなく医療スタッフの一員として病院で機能するのに必要な知識・病院の仕組みや各種健康保険の知識、医師の思考方法や検査の知識、医療通訳者の役割なども学んでいきます。
また、医療通訳者も医療スタッフ同様、常に最新の医学情報をリサーチし知識を更新する必要があるため、普段医師が行っているインターネット等を利用した最新情報の入手方法やノウハウも身につけていきます。これらのスキルは今後皆様が医療現場で働く際に重要な力になるでしょう。
今後、医療の現場において医療通訳者の果たす役割が大変重要になる事は間違いないでしょう。いつの日かこのコースで学んだ皆様と一緒に外国人患者の医療に臨む日が来ることを楽しみにしています。


素晴らしき医療通訳者として
〜人の言葉と気持ちを理解する〜

関西医科大学医学部助教授
三島 伸介 先生

中国語医療通訳コースの医学解説を担当させていただいております三島です。授業を通して、医療通訳者をめざす皆様には人の言葉と気持ちを理解することと、それにともなう通訳者としてのサポートの重要性を理解していただき、スキルアップ向上の一助になればと思います。 平成22年3月発表の総務省資料によると、日本における外国人入国者数は750万人を超え、そのうち270万人以上が中国(台湾、香港含む)からの入国者で、最も多い数となっています。外国人入国者数の増加に伴い、外国人が日本の医療機関を受診する機会も増加しています。しかし、国内医療機関においては外国人受け入れ体制が整った医療機関は十分ではなく、医学的な知識を修得した医療通訳者の早急な確立が望まれます。特に中国人入国者が最も多い現状では医療通訳の高い需要が見込まれ、インタースクールで医療通訳を学ばれる皆様にとっては、大きな活躍の場が提供されることになるのではないでしょうか。
また、海外で活動する日本人にとっても、現地の通訳者では対応しきれないこともあり医療通訳者は重要な存在となり、皆様の活躍の場は日本国内にとどまらず海外にまで広がります。私自身も北京に約5年滞在して医療に携わった経験がありますが、医療通訳の必要性を痛感しておりました。日本で医療通訳の育成プログラムが立ち上がったことに大いなる期待感を持っております。
医療通訳者は、言葉はもちろんのこと、異なった文化背景に対する理解・認識の修得が求められ、なおかつ人の体に関わる極めて責任の重い職業です。高い志と強い気持ちを持って、素晴らしい医療通訳者を目指していただきたいと思います。


医療通訳者を目指す方も
そうでない方にも役立つ

医療通訳コース
武田講師

馴染みのない医学単語が多いですが、関連したものを学んでいきますので知識を膨らませながら勉強できると思います。
苦労して覚えた単語が自然と口から出てくる瞬間は達成感を味わえる瞬間です。この小さな達成感の積み重ねが大きな進歩へ繋がります。
また通訳者としての心構えや医療通訳と一般の通訳の違いについても学んでいただきます。医療通訳者を目指している方はもちろん、そうでない方でも医学的知識を日英で学び、各自のキャリアアップに役立てていただけるはずです。
自らを鼓舞して学んでこそ、やりがいのある仕事につけるのだと思います。熱意と向上心を持ち続け、挑戦してください。


英語を使って人々の手助けができる医療通訳は
まさに待ち望んだ仕事

[大阪校 医療通訳コース≪英語≫修了生]
井上 朋子さん

病気になると誰でも心細くなるものです。そんな人々に何か手助けができれば、またそれが長年勉強し続けていた大好きな英語に関連する職業であればと、思いを馳せていたところ、まさにベストタイミングで医療通訳コースを知り、受講を決意しました。
逐次通訳にかかせないリテンション力などはもちろん、膨大な数の専門用語の暗記、ある程度の医療専門知識など、英語以外も習得しなければならない知識がたくさんあります。自分の不甲斐なさに涙することもありますが、うまく出来た時はそれに勝る喜びが、ご褒美として用意されています。人の命に直結する現場ですから想像を超える大変さがあると思いますが、将来仕事に就けた暁には、それを超える大きなやりがいを感じられると信じています。
事務局のバックアップ体制は万全ですし、辛抱強く指導してくださる講師の皆様には、とても感謝しています。


いつの日か医療の現場で日本人の患者さんに対応するときと同じように外国人の患者さんに対応したい

[東京校 医療通訳コース≪英語≫受講生]
藤生 知美さん

[通い始めたきっかけ・動機]
バンクーバーに語学留学をしていた際、クリニックに医療通訳者がスタッフとして常駐していたおかげで、海外で病気になった時の不安な気持ちを乗り越えられたことと、留学前に看護師として勤務していたとき、喘息発作を起こした外国人患者にうまく対応が出来なかった歯がゆさをずっと覚えており、今までやってきた看護師という職業と英語を結び付けたいと考えたためです。

[インタースクールを選んだ理由]
医療通訳コースを担当している、長尾先生のサンプルレッスンを受けたことがきっかけです。サンプルレッスン内で、先生は発言した人の英文や言葉を決して否定せず、むしろ拾い上げるように、付け加えるようにサンプルレッスンを進めてくださり、先生の授業を受けたいと受講を決めました。

[授業で印象に残っている事]
授業ではスキットという教材を使い、医療関係者と患者の間の会話を主に使って通訳練習をします。
医療現場での会話というと、特殊な医療単語を使う難解なイメージですが、会話を成り立たせるためには、専門用語だけでなく一般動詞や普段の英会話の中でよく使うような表現が必要です。例えば、眼科領域での「情報を脳へ伝える」は「sent」と訳すなど、今まで知っていた単語を使って医療英語を組み合わせることで、文章や会話を成立させる楽しさもあります。また、誰でも病気はしますので、授業で学ぶ医療については実生活にも役立つと思います。

[これから受講される方に]
医療通訳コースは週に2回授業が設けられており、振り返ることが可能です。また、多数の診療科がカバーされており、看護学校以来改めて勉強しなおしている分野もあります。
医療知識の再確認、そして英語を学ぶことで、いつの日か医療の現場で日本人の患者さんに対応するときと同じように外国人の患者さんへの対応ができればと考えています。英語・医療に興味があれば、是非勉強してみませんか。病気をしない人はいませんから、いつか必ず人のお役に立てるコースだと思います。医療従事者の方はもちろん幅が広がりますし、英語と医療に興味があるのならば、体のつくり・病気にも詳しくなれますし、健康を考え直すきっかけになります。
一緒にがんばりましょう。


医療現場に携わるということは、好きな語学を活かして人助けができる素晴らしいこと

[東京校 医療通訳コース≪中国語≫受講生]
堺 麻里絵さん

[当校に通い始めたきっかけ・動機]
これまでも中国語に関わることのできる仕事に就いていましたが、いつかは語学で身を立てたいという想いがずっとありました。しかし、好きで続けてきた中国語以外に得意な専門分野もなく、いまひとつ自信が持てずにいました。
何か踏み出すきっかけが欲しいと考えていたときに、医療ツーリズムで日本を訪れる外国人が増加しているというニュースを目にし、医療と通訳の技術を同時に学べるスクールがないかと探していたところ、インタースクールのホームページを見て大変興味をひかれました。

[インタースクールを選んだ理由]
インタースクールの医療通訳コースでは、通訳の技術を学べるだけでなく、医師の先生の講義をDVDで聴講することができます。医療という、自分にとっては未知の分野を勉強するにあたって、不安があったのですが、通訳・医療とそれぞれ専門の先生の講義が受けられる点がとても心強く、インタースクールで学ぶことに決めました。

[授業で印象に残っていること]
実際に授業が始まると、1回の授業の中で、医学知識ついて学ぶ時間と、通訳のトレーニングをする時間が区切られていて、医療の時間は医師の先生が未経験者にも分かり易い言葉で医療の専門知識について説明して下さいます。通訳の時間は、その日学習した医療パートの内容に沿った形で授業が進められるので、単に言葉の表面を訳していくのではなく、きちんと内容を理解した上でトレーニングができ、学習したことがとても身につきやすいと感じています。

[これから当校を受講される方へのメッセージ]
医療通訳は、人の命に関わる現場での通訳で大変責任の重い仕事ですし、これから一から医療を学ぶということに不安を感じることがあると思いますが、同時に、通訳として医療現場に携わるということは、好きな語学を活かして人助けができる素晴らしいことだと思います。また、短期間で集中的にこれだけの内容を学べるというのもとても貴重な体験だと思います。
全41回の授業1回1回を大切にして、確実にステップアップし、医療の現場で活躍できる通訳者を目指していきたいです。