INTER SCHOOL

受講生の声

室賀千草さん

妊娠していた時には、
「子育てで家にこもる間の勉強に」と
音声教材のテープを・・・・

  • 東京校
  • プロ選抜科

【当校に通い始めたきっかけについて】

小学校の卒業文集に、将来なりたいものは「通訳」と書いています。英語は好きでしたが、その後すっかり忘れて、大学卒業後は印刷会社の営業職に就きました。国内市場に特化した仕事だったので、英語力がどんどん落ち、危機感を持ちました。語学を使った仕事がしたかったのですが、私は「語学+α」の「α」の部分がどう考えても浮かびませんでした。語学だけの仕事なら通訳に挑戦しようと、仕事をやめて上京し、インタースクールの(当時の)入門科に通い始めました。

【インタースクールを選んだ理由】

学生時代に住んだ金沢、新入社員の時に住んだ京都、どちらにもインタースクールがありました。通訳学校=インタースクールだったので、迷わず入学試験を受けました。

【授業で印象に残っていること】

現在のプロ科の授業では、常に現場を感じさせる内容を使い、次の世代は私たちが担うのだという強い意識づけがされています。「習い事」で済ませない厳しさがどの授業にもあります。先生にも恵まれたと思います。妊娠していた時には、「子育てで家にこもる間の勉強に」と音声教材のテープを何本も用意してくださった先生がいました。私は一度通訳の仕事から数年間離れていますが、その間年賀状のやり取りをさせていただいていた別の先生には、「寄り道も芸の肥やしです」と書いた年賀状をいただき、通訳に戻ろうと思うきっかけになりました。

【これから当校を受講される方へのメッセージ】

インタースクールは日本各地に学校があります。結婚や転勤で引っ越しても続けられるのは大きな利点だと思います。また、スクールと人材部が密接にタッグを組んでおり、生徒一人ひとりを見て、能力と真剣さがあれば仕事につなげていくチャンスがあるのも魅力です。通訳業界にはインタースクール育ちの人たちが沢山いて、出身校が同じことをきっかけにネットワークが作れたり、励まし合ったりすることができるのもインタースクールならではかもしれません。

受講生の声一覧に戻る